コロナ渦で、探偵業のスタイルも変化? | 浮気調査・不倫調査 | 東京・埼玉 | なのはな探偵事務所

ブログBlog

コロナ渦で、探偵業のスタイルも変化?

今年に入ってからというもの、徐々に自粛に慣れてきた人が多いとニュースでもよく言われていますが・・・

平日の午前中からの調査依頼が増えてきていることで、私たちはその現実をより実感しています。

 

普段は、仕事終わりや休日の調査が多かったため、

平日の夜、暗がりの中で調査というのが多かったです。

夜の調査は、暗くて対象となる人やその相手の顔がなかなか取りづらい・映らないという難点はありますが、

暗いため身を潜めやすいというやりやすさはあります。

 

しかし、現在、テレワークが増えて自宅での作業が中心になり

会社の都合で出社日が変わるという状況を利用してか、

日中に堂々と浮気や不倫をする方が増えてきているため、

休日はもちろん、平日の朝から日中にかけての調査依頼が多くなっているんです。

 

昼間ですと、相手の姿がよく見えて撮影もしやすいのですが、

相手の姿がよく見えるということは、こちらの姿もよく見えてしまうということ。

 

その分、やはり難易度はあがってくるんです。

 

かと言って、見つからないように工夫していますのでご安心を!

 

と、話題がずれてしまいましたが、コロナで世の中が変わったことで、

私たち探偵の仕事の時間帯も変わってきたように思えます。

 

これまで平日は、お昼過ぎや遅い時は16時ごろから始まり、

朝まで調査というのが普通でしたが、

今は、テレワーク中心の方が出社すると言って浮気したり不倫をしているケースが増えている様で、

休日と同じように朝6時や7時ごろから調査が始まり、

仕事の終わる時間である18時、19時ごろには終わってしまうということが増えてきました。

 

しかも、レンタルオフィス代わりにホテルを使うと言って、

そこで昼間っからどうどうと行為に及ぶというツワモノも増えています。

 

 

しかし、我々の様なニッチな業界で、朝から夕方や夜までといった真っ当な時間で働けるのは嬉しい限りですね。

 

コロナは収束していただきたいですが、

個人的には、このテレワーク推奨というのが続いて欲しいと思う次第です。

 

 

0120-954-052 03-6261-2044
無料相談:メールフォーム お気軽にご相談ください。
このページのトップに戻る