元祖 スパイカメラ | 浮気調査・不倫調査 | 東京・埼玉 | なのはな探偵事務所

ブログBlog

元祖 スパイカメラ

現在は使用していませんが、これはスパイカメラの代名詞とも言えるドイツ ミノックス社の誇る8×11のフィルムカメラです。

東西冷戦時代のスパイ全盛期に大活躍したカメラです。

最近のスパイ映画では、「チャーリーズエンジェル」で主役のエンジェルが、このミノックスカメラを使用していました。(最近ではないですね)

この機能美は、まさに芸術作品と言えると思います。

現在はデジタルカメラの発明で、小型のカメラは一般的ですが、当時としては、世界最小だったのではないでしょうか?

ソニーが当時、限定の小型デジタルカメラを販売した時は、このミノックスのボディーを参考にしていました。

マニュアルなので、オートフォーカスに馴染んでしまった方には、使いにくいかと思います。

写真のチェーンは、被写体との距離を測ります。

写真の出来栄えですが、35mmフィルムと比べると、8×11フィルムは小さいので、L版にした際は画質が荒くなります。

又、35mmフィルムカメラの感覚で撮影すると、暗くなります。

私の主観ですが、このカメラは書類などを撮影する事に適している様で、浮気調査などには、向いていないと思います。

0120-954-052 03-6261-2044
無料相談:メールフォーム お気軽にご相談ください。
このページのトップに戻る
​​