浮気調査・不倫調査 | 東京・埼玉 | なのはな探偵事務所

ブログBlog

熟年離婚に向けた浮気調査

昨日の依頼は、離婚するという明確な目標に向けた夫の浮気調査。

 

依頼者は、50代専業主婦

調査対象は、もちろん夫。現在60代で建設会社会長。

 

夫の仕事は、平日の11時〜19時まで。

会長職ということもあり、度々会食と称して帰宅が22時を過ぎることもある。

 

ちなみに、夫には浮気が発覚した過去があり、

2度としないと約束をしている。

 

依頼者は、1度目の浮気でも、離婚がよぎったそうだが、

子どもの成長を見守りたいとの思いから踏みとどまった。

 

しかし、その心中を察したのか、

夫の跡を継いだ息子が、「好きにしていいよ」ということで

離婚に向けて動くことを決めたそうです。

 

離婚を成立させるためには、

継続的に不貞をしている!と言える確実な証拠が必要。

 

わかりやすく言うと、

同じ女性と何度もラブホテルなどに入っているという証拠。

 

 

60代と言うこともあり、毎回毎回ラブホテルというような状況は想像しがたい。

調査は、長引くだろうと思っていました。

 

 

しかし、実際に調査してみると、浮気という軽いものではなかった!

 

 

仕事だと言って家を出て夕方、もしくは夜帰ってくるまでの間、

なんと愛人の家で生活していた!

 

 

家の中で、どんな風に過ごしているかは見えないので確認できないが、

まるで自宅に入るかのように、チャイムの鳴らさず入っていく様子や、

長年連れ添う夫婦のような雰囲気で、スーパーで買い物をしたり、お散歩したりしている様子は、

しっかりと動画で撮影。

 

 

これだけの証拠が揃ってしまった今、

この浮気夫は、いったいどんな言い訳を言うのだろうか・・・

 

 

0120-954-052 03-6261-2044
無料相談:メールフォーム お気軽にご相談ください。
このページのトップに戻る