浮気調査案件、夫の態度がおかしくなった! | 浮気調査・不倫調査 | 東京・埼玉 | なのはな探偵事務所

浮気・不倫調査事例Cheating Survey Case

浮気調査案件、夫の態度がおかしくなった!

当社へ寄せられる依頼の多くは、「自分の配偶者が浮気をしているのか調査してほしい」というものです。

今回紹介する事例のご依頼者様(40代女性)も、悩まれた末に当社へ来社されました。

「最近になり、夫の態度がおかしくなった。自宅でも携帯電話を手放さない。夫婦間での会話も少なくなった。」とのご相談で、
1週間の調査を人はご依頼者様に「退社後、勤務先での会議があるので遅くなる」と告げ、車で出勤しました。
しかしご主人は定時に車で勤務先を出て、自宅とはまったく別の方向へ移動し、都内A駅で女性と接触しました。
ご主人と女性を乗せた車は、近隣の繁華街へと向かいました。
ご主人と女性は繁華街付近の駐車場へ車を駐車し、レストランへ入って食事をした後、ラブホテルへ入り、3時間後にホテルから2人で出てきました。

調査員は、これらのご主人の行動を撮影しました。そして、ご主人の浮気相手の女性の身許を確認するため、ご主人と女性が都内S駅で別れた後、女性の尾行に切り替えました。
女性はS駅より徒歩10分ほどの単身者向けマンションの3階に入りました。

調査員は、翌日の早朝よむう昔り女性宅に張り込み、出てきた女性の尾行を行ったところ、女性はご主人と同じ勤務先に入りました。
当社は、ご主人の不貞の証拠となる映像と相手女性の身許を調査報告書にまとめてご依頼者様へ提出し、
ご依頼者様の希望により弁護士を紹介しました。
ご依頼者様からは「主人が浮気をしているということがはっきりしてよかった」と、感謝のお言葉をいただきました。

0120-954-052 03-6261-2044
無料相談:メールフォーム お気軽にご相談ください。
このページのトップに戻る
​​